« 8月定例会のお知らせ | トップページ | 何の幼虫でしょう? »

2010年8月 3日 (火)

メダカの飼い方-8

ミニビオトープの作り方-3

   

◆役割

ミニビオトープの中の「みんな」は、色々と役にたっています。

役割の全てをあげることは 私には出来ません。

代表的なこと、気が付いた事を書いていきます。

皆さんも 自分で考えてみてくださいねぇ~

  

◇入れ物(水槽等)

・水をためる もれないようにする。

・生き物達が何処かに行ってしまわないようにする。

  

◇水

・無いと 魚たちが生きていけない(って事はいっぱい役に立っている)

    

◇砂(砂利)

・「すきま」がバクテリアのお家になる。

・水草が浮かないようにする。

・ドジョウ、シジミの隠れ場所、お家になる。

  

◇バクテリア

・水をきれいにする。

  

◇水草

・酸素を作る。

・きれい

・時には ご飯になる。

・エビのお家になる。

   

◇シジミ

・水をきれいにする。

     

◇タニシ

・水槽についたコケを食べる。(お掃除をする。)

  

◇メダカ

・見ていて可愛い 癒される。

・糞をする。

・二酸化炭素をつくる。

   

◇ドジョウ

・見ていて可愛い 癒される。

・底にたまった餌の残りを食べる。(お掃除をする。)

   

◇ヌマエビ

・見ていて可愛い めちゃんこ癒される。

・コケなどを食べる。

・時として 死んだ生き物を食べる。(お掃除する。)

   

◇そのた

・「光」は大事で、水草は光が無いと酸素を作る事が出来ません。って言うより生きていけません。

・「えさ」 極端な話、ミニビオトープの中の環境しだいでは、人間が餌をあげなくても生きていける場合もあります。

   

  

  

まだ まだ たくさんの役割をしています。

小さな世界で 皆が生きる事によって 他の役にたっています。

「他の生き物のためになろう!」 なんて考えずに 生きている事で 他の生き物のためになっています。

コレが自然だと 思います。

そして コレが「生物多様性」だと思います。

当たり前ですが 「メダカ」だけでは 生きていけません。

この地球上で なくても良いもの・いらないものは「人間」と「人間が作ったもの」だけかもしれないですね。

地球のみんな 宇宙のみんなに

「おめぇ~~~なんか いらねぇ~よ!」って 言われないように しないとね!

    

上から目線の

自分(人間)の都合の

「生物多様性条約締約国会議」

に ならないようにと願う。

(偉そうな事言って 陳謝)

     

横道にそれましたが コレでミニビオトープの作り方は 終わりです。

ご意見・ご質問は コメントで!

(記事の最後の緑の「コメント」をダブルクリックしてください。)

皆さん 参加型の ブログにしたいと思っています。

よろしくお願いします。ね!

    

かめ(さん)でした。  

 

 

   

  

| |

« 8月定例会のお知らせ | トップページ | 何の幼虫でしょう? »

コメント

こんにちわ。
 cop10関連で一言。
生態系のピラミッドのモデルは目にする機会が多くなりましたが、確かに”人間”が入っているものを見たことがありません。人間だけがこの生態系のピラミッド、食物連鎖から外れているのですね。だから異常(生態系学的に)に増えても人間をエサにする動物も無く、(時にはありますが?)威張りくさっているのでしょうね。『・・この地球上でいらないものは・・・「人間」・・・』というカメさんの意見に賛成です。
 このテーマでよく引用される詩を紹介しておきます。

          金子みすず 作
  わたしと小鳥とすずと
 わたしが両手をひろげても 
 お空はちっともとべないが
 とべる小鳥はわたしのように
 地面(じべた)をはやくは走れない。

 わたしがからだをゆすっても
 きれいな音はでないけど

 あの鳴るすずはわたしのように
 たくさんうたはしらないよ。

 すずと小鳥とそれからわたし
 みんなちがってみんないい。

それから、COP10用にびおっこの生態系ピラミッド作りたいのですが・・・

投稿: 雲谷斎 | 2010年8月 6日 (金) 13時13分

「詩」で きましたかぁ~
さすが「雲谷斎」さん
良い詩ですね。
  
びおっこの生態系ピラミッド
良い提案だと思います。
賛成!です。

投稿: かめ(さん) | 2010年8月 7日 (土) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8月定例会のお知らせ | トップページ | 何の幼虫でしょう? »