2010年9月25日 (土)

生態系ピラミッド・びおっこ版 2

前回の宿題、考えてみましたか?

ウチのとある日の朝ごはん
ご飯 お味噌汁 玉子焼き(ジャコなど入り) 他
  すみません、ちょっと見栄はってそれらしい日を選んでます

ご飯は お米を炊きます。もとはでした。
    どこかの田んぼで採れたものだと思います。
味噌汁は 味噌 わかめ ねぎ 削り節 にぼしを使いました。
    味噌は 大豆から 削り節やにぼしは にいた魚たち
玉子焼きは 玉子 ジャコ 鰹節 海苔を使いました。
    玉子はどこかの養鶏場?の が産んでくれたと思います。
    ジャコと鰹節は   海苔はのコケ。
この他にも 調味料などを使っています。

この食事だけでも 少なくとも 10品目
言い換えるなら 十の生き物を食べたことになります。

また それらが「くらして」居た場所は少なくとも 5箇所。

もし、田んぼがなくなったらご飯は食べられなくなります。
海がなくなったり 汚れて魚がすめなくなったら
   煮干もわかめもジャコも海苔も食べられません。
鶏がいなくなったら玉子焼きは食べられません。

生き物と 生き物たちが暮らしている場所
これは 切り離して考えることは出来ません。
だから 生態系とは 生き物がいる場所すべて なのです。

この他にも 「朝食」 からは
    いろいろな事を考えることが出来ます。
ぱっと思いつくだけでも 数テーマ。
あなたは どんなことを考えましたか?

長くなりましたが やっと次回から本題に入れそうです。

では 次の宿題
びおっこの陸で暮らしている「えさ」を食べている生き物を
10以上思い浮かべて下さい。

「えさ」 とは生き物が 自分でとる食べ物 のことです。
                            元広め副隊長でした


 

| | | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

生態系ピラミッド・びおっこ版 1

そもそも 生態系とは何でしょうか?

このブログでも何度か取り上げてきた話題ですが
先日の記事にいくつかの過去記事をリンクしてあります)

  まずは 3分間 考えてみよう

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ところで、みなさん、今日は朝食で何を食べましたか?
ご飯に味噌汁? パンにスープ? シリアルと牛乳?

ちょっと 食べたものを思い出してみてください。

次に その食べ物の元の姿を思いうかべてみてください。
 たとえば 目玉焼きなら 鶏のたまご、
        豆腐の味噌汁なら、大豆やだしの魚たち
        パンなら小麦
        ご飯なら稲

そして それらが元居た場所を思いうかべてみましょう。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

朝食の話は 次回までの宿題にして 生態系の説明     

と~っても簡単にまとめて言うと、生態系とは
生き物たちと 
   生き物が暮らしている場所全体
 

 たとえば       びおっこ
             一宮市  
           木曽川や長良川
             愛知県
              日本
               :
             地球全体    …のこと

難しい研究などでは もう少し詳しく考えていますが
とりあえず びおっこも小さな生態系

やっと次回 生態系ピラミッドの話です。
                    元広め副隊長でした
               え~と、あくまでもいろいろな人にわかりやすいように、と
               ものすごく大雑把にまとめていることをご理解ください。





| | | コメント (1)

2010年9月 6日 (月)

生態系ピラミッド・びおっこ版 序章

びおっこ版・生態系ピラミッドを考えていきたいのですが
今ちょっと ぎうぎう なので・・・・・・とりあえず 序章

ここで以前解説した「生態系の学習室」などをリンクしておきます。

生態系の学習室 1  ←まずはここ
   同       2 
   同       3 
   同       4 
   同       番外編   ←それから この辺り
   同       5 

ごはんを食べるとトンボがよろこぶ   ←これもおもしろい

などなど・・・・・
←左の  ココログ  マークの上の検索機能を使って
『生態系』 と入れて 「このブログ内で検索」 にして
「検索」をクリックすると ほかにも生態系についての
過去記事が読めます。

     実は、以前の記事では十分説明できていなくて
     読み直してみて不十分さに撃沈しているのですが

簡単な予習、ということでよろしくお願いしますm(__)m

              え~と 本編は今週末にはなんとか始める予定
               ↑小さい文字になっているあたりを察して気長にお待ちください。
                              元広め副隊長でした

| | | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

はやにえ・考

2010年8月9日の記事→誰がこんなことを?
2009年2月9日の記事→これは何でしょう☆③

      ちょっと前の記事になってしまいましたが
        「はやにえ」について せっかくのコメントが
        埋もれてしまうのがもったいないので
        改めて記事に残しておきます。

雲谷斎さんがコメント下さったように、8月9日の記事の蛙は、
モズの はやにえ(早贄・速贄)だと思われます。

「はやにえ」は 「速贄」と書くそうです。

 「」は いけにえ(簡単にいえばお供え物)ですね。
 モズの食べ残した残骸が、
 他の動物たちへのお供え物と考えられて、
  こんな呼ばれ方をしたとか。    (by秘書さん)

以下、補足解説

早贄(速贄)は、秘書さんも言ってみえるように
「おそなえもの」ですが とくに
はやい いけにえ」=「神様への最初のお供え物」
なのだそうです…
          神様に渡すのではなく 
          憧れのメジロに渡すための獲物だともいうそうです
          (↑これは昔話?)


はやい、の意味は
初物をお供えする
という意味から転じていった…ようです。


ところで
なぜはやにえをするのか

  …は 実はよくわかっていないようです。

えさが少ない冬のための貯蔵食料
         いわれることが多いですが
食べ切れなかったえさをとってあるのだとか
縄張りを示すためのもの、とも 言われています

どれが本当なのか、全部あっているのか
全部違っているのかもしれません
こればっかりは ソロモンの指輪を手に入れて
直接聞いてみなければわからいのかもしれませんね

また、せっかくはやにえした(獲物を枝に刺した)のに
残っていることが多いので
百舌は忘れっぽい、などと言われていますが
      これは大きな誤解らしいです。
      ↑この話、長くなるのでまたの機会に    元広め副隊長でした

| | | コメント (1)

2009年2月 9日 (月)

これは何でしょう☆③

これは何でしょう☆③

びおっこの写真ではありませんが
おもしろいものを 見つけました。

写真は 山椒(さんしょ)の木の枝です。
この時期なので 葉はありませんが
かわりに何かついています。
さて、これは何でしょう?

今回は ノーヒント


答えは こちら


前回の これは何でしょう☆② の答え

ムラサキシキブ でした。
秋には 紫色の小さな粒がたくさん集まっていましたが
今は茶色になっています。

ただし、よく似た植物に コムラサキ があるそうで
「ムラサキシキブ と言ったほうが売れる」 との理由で
「コムラサキ」を「ムラサキシキブ」として
販売することも多いようです。

びおっこの「ムラサキシキブ」は
本物か偽者か・・・・・・次のシーズンに
念入りに観察しようと思います。
                     広め副隊長でした♪

| | | コメント (5)

2009年1月29日 (木)

これは何でしょう☆②

これは何でしょう☆②

 これもびおっこで見られる植物の冬の姿です。
写真の真ん中の色いつぶつぶのかたまりは何でしょう?

写真の奥にアスファルトが見えるので
びおっこの垣根沿いによく見られる植物だと
気がついてもらえるかな。

ヒント:秋の様子では きれいな○○○○色です♪

答えは こちら

前回の  これは何でしょう☆  の答え 
オオバコの冬越しのロゼットの様子、でした。
守り隊長さんのおっしゃるように
寒い冬は地面に張り付いて風をさけるとともに
葉を 重ならないように放射状に広げ
(この状態を ロゼット といいます)
太陽の光を少しでもたくさん受けられるようにしています。

植物って 頭(←どこ?)いいですね♪
                 広め副隊長でした♪

追記:ははがめさんのコメントから お得な情報です♪
    コメントとしてかくれているともったいないので追記します。
   
   『オオバコって名前は大葉(シソ)と関係があるのか、
    と思い 少し調べてみましたが、
    大きな葉→大葉に、
    親しみやすさをこめて「子」がくっついた 
らしいです。
    ちなみに薬草となるようですね。
    天ぷらで食べられるそうです。
    種は水を含むと40倍にふくれるとか。』

| | | コメント (2)

2009年1月27日 (火)

COP10 その③

ここまでのおさらい  (その① その②はこちら)
COP10とは

いろいろな生き物が豊かに暮らせるようにしよう、と
約束をした国が(2010年に名古屋に)集まって 
どうしたらよいか相談する 10回目の会議   


・・・のようです。  (実行委員会のHPはこちら)

この内容って 
びおっこで普段からやっている活動や話し合いと
(規模は違うけれど)ほとんど一緒ですね。

いろいろな生き物にとって豊かである

びおっこの会でもこれまでに何回も話し合ってきましたが
とても難しいことです。
一宮でのセミナーの前に 2月の定例会でも
この生物多様性について話し合いたいと思います。

と、いうわけで 皆さんも 

      生物多様性 って何?
      どうすればいい?

について 考えてみてくださいね。

COP10シリーズ(?)は不定期で続けます。
                    広め副隊長でした♪

| | | コメント (4)

2009年1月26日 (月)

COP10 その②

生物多様性条約第10回締約国会議
                 (COP10その①はこちら)

難しい言葉ですが 分解してみると分かるところもありますね

生 物・・・は 生き物のこと、人間や動物(けもの)、鳥や虫や魚、
             草や木や花、土の中の小さな生き物、など。

多様性・・・は ちょっと難しいけど 多様 なら辞書にあります。
          いろいろと種類の違ったものがあること だって。

あ、生物多様性 で まとめて
             
いろいろな生物が存在しているようす。
                生態系の多様性、種における多様性、
                遺伝子の多様性など、各々の段階で
                さまざまな生命が豊かに存在すること。
 とか

条 約・・・は
 国と国との約束、 ただの約束じゃないのです。
             国どうしなのでとても大切な約束です。

締約国・・・は 条約、協定などを結んだ国のこと
             う~ん、意味自体が難しいですね。
             約束をした国どうし って ことですね。

会 議・・・は みんなで相談して物事を決めること
        または その集まり
。  これは分かる、と思う。

今日はここまで、で さらに続く     広め副隊長でした♪

| | | コメント (2)

2009年1月25日 (日)

COP10 その①

突然ですが
COP10 をご存知ですか?

生物多様性条約第10回締約国会議 のことで
来年(2010年)10月に名古屋で開催されるそうです。

Conference Of the Parties』=締約国会議のことを
COP と略すそうで、いろいろな会議があるそうです。
だから、COP14 とか COP15 などもあるので
混乱してしまいますが、それぞれ違う会議です。
COP10 の場合は 10回目だから 『10』
                  (他の会議については自分で調べてみてください)

・・・え~と、念のため
生物 多様性 条約 第10回 締約国 会議
・・・と区切ります。
(最初、文字も区切りも間違えて読んでいたのは私です

実は 2月のおわりに 一宮で
この会議に関連するセミナー が開催され、
びおっこの会も発表をすることになりました

が・・・そもそも・・・
・・・生物多様性って 何でしょうか?
いったい何の会議でしょうか?

明日に続く          広め副隊長でした

| | | コメント (2)

2008年1月 5日 (土)

「おめでとう」の答え?

あらためて… おめでとうございます。

さて、新年の挨拶が 「おめでとう」のわけは?

当然これにもいろいろな説があるのですが
ふたつほど紹介します。他にもあると思いますので
みなさん調べてみてくださいね。

① 新しい年を迎える、すなわち 正月を迎えることは、
  歳神さまを迎えること、だそうです。
  歳神さまとは 1年の初めにやってきてその年の
  作物が豊かに実るように、家族みんなが元気で
  暮らせるように約束してくれる神様だとか。
  無事に「新年(歳神さま)」を迎えられたので
  「新年 おめでとう」 なのだそうです。

② おめでとう という言葉は 目出度い とか
  愛(め)でたい とか 芽出たい からきているようです。
  稲作を中心に暮らしてきた日本人にとって
  「芽が出る」ことは特に好ましい出来事で
  冬至を過ぎて 「草木が芽を出したくなる」 気候に
  向かうのは 文字通り 「めでたい」 事だったそうです。

  昔は旧暦でしたから お正月は今より
  「春」 だったことも関係しているようです。

びおっこにも 「芽を出したい」 季節がそこまで来ています。
もう少ししたら びおっこで 「小さい春」 探し が出来ますね。

                         広め副隊長でした

| | | コメント (2)